« ゆうべのFMチャンネルイン福島で | トップページ | 夏期講習だ! »

2005年6月19日 (日)

冷や奴の季節

 蒸し暑くなってきた。豆腐に目のないわたくし、このシーズンは食卓に冷や奴が欠かせない。豆腐には大きくわけて木綿と絹があるが、わたくしは木綿派。たまにはツルリンとした絹も悪くはないけれど、木綿の豆々しい味が濃いのが好み。
 福島は水がいいのか豆がいいのか、はたまた各メーカーさんの努力のたまものか、1年前の移住以来「ハズレ」豆腐に当たったことがないが、東京にいた頃は「安くても買わない豆腐」が二種類ほどあった。
 ひとつは、ディスカウントストア「ロ☆ャース」の「特大とうふ」、もうひとつはわたくしの居住していた西武沿線では地元スーパーとして有名な「西●」の、プライベートブランド(以下PBと略。販売店名のパッケージを付けた商品を業界用語でこう云う)。とにかく、んまくない。「西●」は、一時期この美味しくないPBをやめて、コンビニ・ファ○リーマートにも豆腐を卸していた、その当時系列下にあったメーカーの商品(これは美味かったし、安かったし、パッケージが開けやすいのが嬉しかった)に切り替えたのだが、このメーカーさんがリストラで西●系列を離れたせいか、もとの美味くないのに戻してしまったのにはガッカリしたものである。
 2年ほど前の夜勤明けの朝7時。24時間営業をしていた「西●」に買い出しに立ち寄ると、作務衣を着て頭に手拭いを巻いた若いアンちゃんが、カゴにこの「んまくないPB豆腐」を山と積んで、レジに並んでいた。会計が終わった後「領収書ください、宛名は平◎寺で」とのたまったので、界隈で有名な禅宗古刹の修行僧さんで、朝飯当番らしいと見当がついた。「ねえねえ、それ、おいしくないよ」といきなり声をかけるのもためらわれたのでそのまま見送ったけれど、口福を求めないのも禅の修行なのかなぁ、などとふと思ったものであった。



6/19昼メシ/ヒモノヤ土曜セールでマルちゃん焼きそば89円、10円モヤシ、ニラ48円、26円カレーコロッケを購入。ジョーさんの持ってきてくれたサヤエンドウを加えて野菜たっぷりアンカケ焼きそばにし、タンドー祭酒とともに食す。生徒、ナオトくんの残したトマトも添えて。
晩メシ/ヒモノヤで購入した半額マグロすき身にワサビ+ごま油を混ぜ、ご飯にかけてノリを巻いてメインとする。冷や奴、タケノコのバター焼きをおかずに。

|

« ゆうべのFMチャンネルイン福島で | トップページ | 夏期講習だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/4615276

この記事へのトラックバック一覧です: 冷や奴の季節:

« ゆうべのFMチャンネルイン福島で | トップページ | 夏期講習だ! »