« うちの「権助」 | トップページ | 今日はこれからテルサ寄席 »

2009年10月 1日 (木)

塾の講師は、芸人だ!

と、常々、のたまっていたのは、かのタンドーオヤジである。

受講料もしくは月謝という名の「木戸銭」をいただいて、生徒=お客さまに、短いときで三日、長ければ数年にわたって、一連の「問題の解き方」というストーリーを語る。「学校のセンセー」とは違うから、お客さまからブーイングが来れば、即刻「雇い止め」(…ワタクシ、何度食らったことか…)。じゃあ、どうすれば成功するか、といえば、お客さまに負けない知識とノウハウをひたすら蓄積すること、そして、場の空気を読む力を養うこと。それに全力を傾けるほかない。

昨年暮れに、四半世紀のブランクを置いて落語を再開して、もうすぐ一年、というより、まだ一年生。にもかかわらず、「前座」をやらずにここまで来ちゃった上に、明後日のテルサ寄席もまた、前座のする仕事を割り振られなかった。
それがちょっとモヤモヤだったが、今、気付いた。

ワタクシの前座修業は、タンドーのオッサンがすべて面倒見てくれたのだ。

タンドーのオッサン、ワタクシに何を見てたのかな。最期にオッサンに「つる」を演ったときの情景が、また甦る。

テルサ寄席で、また、マクラに登場してもらいます、よろしく頼みますね! お願いだから、こんどは、キメ台詞、持ってかないでくださいね!

|

« うちの「権助」 | トップページ | 今日はこれからテルサ寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/46365500

この記事へのトラックバック一覧です: 塾の講師は、芸人だ!:

« うちの「権助」 | トップページ | 今日はこれからテルサ寄席 »