« ああ、憧れのテルサの高座。 | トップページ | 縁は異なもの »

2009年10月 6日 (火)

寝待ちのおぼろ月

寝待ちのおぼろ月
「中秋節」の声を聞くと、思い出さずにいられない……「月餅」。
円く、円く艶やかで、しかも薄い皮の中に、粗砕きの胡桃をあしらった、中華風で、胡麻油の入った香ばしくて甘くほろ苦い練り餡。
そんなことを、今宵の買い出し中に、ふっと思い出したら、いても立ってもいられなくなり、普段は見向きもしない、スーパーの饅頭コーナーへ突進。


1ケだけでいいのに、こういう時に限って、バラ売りはSOLD OUT。5ケセットだけが、棚にいる。


ええい、ままよ! 近年稀に見る贅沢! 行ってしまえ!


・・・。


……、今、アタクシは、とってもシヤワセ。
ただ、昔はもうちょっと、でかかった気がするんだけどな。月餅が小さくなったのやら、こっちが大きくなったのやら。


あとは、濃ゆいお茶が、怖い!

今宵福島の、寝待ちの月は、秋空の宙天に見え隠れしつつ、おぼろに輝いております。

|

« ああ、憧れのテルサの高座。 | トップページ | 縁は異なもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/46415242

この記事へのトラックバック一覧です: 寝待ちのおぼろ月:

« ああ、憧れのテルサの高座。 | トップページ | 縁は異なもの »