« | トップページ | 焼き物三昧 »

2009年11月13日 (金)

うどん

普通は、打った麺を一度茹で、火を通してから汁にくぐらせる。
ところが、中には生のまま汁に入れて煮込み、そのまま喰う豪快な料理法もある。その代表が、名古屋の「味噌煮込みうどん」と、山梨の「ほうとう」。
ともに、戦場の賄いから発生したものらしい。名古屋と言うか、尾張・三河は、戦国の三人の覇者を生んだ土地柄。山梨は、かの武田信玄の本拠。
「早メシ、早●○、武士のたしなみ」というけれど、喰うのが早いだけじゃない、できるのも早くて手間いらず、これこそ重要ポイントなのだ。だから茹でる手間なんて省いて、直に汁へぶち込む。汁に付く粉っぽさなんて、なんのその!

でも、それがいいのね、疲れてるときには。心和む味噌の香りを伴った、トロトロ、ネットリの汁。反面、歯応えしっかりしすぎるくらいのうどん。柔らかく仕上がった様々な野菜……。

今夜使ったのは茹でうどんだったけど、ちゃんとカボチャを入れて、鉄鍋で、甲州風・ほうとうにしました。

…山梨の、早川上流、奈良田の里で、また、あのアルカリ泉と、ほうとうを楽しみたいな。

名古屋「山本屋」の味噌煮込みうどんも。

|

« | トップページ | 焼き物三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/46748221

この記事へのトラックバック一覧です: うどん:

« | トップページ | 焼き物三昧 »