« 楽しむ者に如かず | トップページ | 続・めん食文化1300 年 »

2010年3月11日 (木)

一ヵ月ぶりのご無沙汰でした

一ヵ月ぶりのご無沙汰でした
近頃、色々あって、図書館を渉猟する時間がとれない。ワタクシ、アルコール&ニコチン以上に「活字中毒者」なので…、これは辛い。

この間の大雪の前の夕方、久々に県立図書館に寄れる時刻に仕事が終わったから、嬉々として駆け込む。いの一番に捜し求めたのが、この本「日本のめん食文化の1300年」。

一月ばかり前に、一度借り出して読み始めたのだが、最近とみに読書ペースが落ちていることもあって、読了できないまま返却…。おまけに年度末の多忙期がやってきて、図書館の開いている時間に仕事が終わらず……。ようやく一ヵ月ぶりの再会。

読みすすめていたら、懐かしい店の名が出てきた。埼玉・所沢の「甚五郎」。

何度か誘われて、出かけたっけ。

もちろんウドンが美味いのは確かなのだが、ここは実は、お酒も…。

「久保田」を置いていて、いつだか、仲間内で呑みまくって大騒ぎ、店中のヒンシュクを買った憶えがある。

それでもって、クルマ転がして帰ったのだから、ムボーというか、太平だったというか…。

あの時は、タンドーのオッサン連れて、村山神明ネオライフに帰ったのかな。そこらへんは、どうも記憶が定かでない……。

また、甚五郎で飲み食いしたいなぁ。

その際は“祥っちゃん”、ハンドルキーパーよろしくねッ!

ところで、タイトルにしたセリフのご本人、玉置宏・横浜にぎわい座館長が他界されて、約一月。かつてのわれらがFM-Chinに「ふくしま平成ラジオ寄席」があり、そして今の“裁落亭とんぼ”があるのは、玉置さんのお陰が小さくありません。感謝……そして、合掌。

|

« 楽しむ者に如かず | トップページ | 続・めん食文化1300 年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/47786867

この記事へのトラックバック一覧です: 一ヵ月ぶりのご無沙汰でした:

« 楽しむ者に如かず | トップページ | 続・めん食文化1300 年 »