« ありそうで、なかったもの | トップページ | ひょろぴり »

2010年7月11日 (日)

また「捩れ」か…

御隠居が、何をして遊んでいても、近所の百姓は、それを呆れて観ているばかり。

でも「そんなのカンケイねえ!」と突き放すだけでは、ね。

エイリアン同士……お互いの理解…。これをいかに得るか。なかなか難しいけれど、時間をかけて馴染みあうしかないだろうね。

「茶の湯」という噺。

「異文化」との出会いと理解という(御隠居にしても、お百姓にしても)、困難な仕事。御隠居はムチャクチャな知ったかぶりで、お百姓はあくまで従前の価値観に従って、お互いに自らの安穏で楽しい生活を望んでいる。

そんなお互いがお互いを嘲笑しつつ、なんとなく理解できはじめたらいいな。

「茶の湯」という噺は「異文化交流」の話だったりもするのです。

|

« ありそうで、なかったもの | トップページ | ひょろぴり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/48854476

この記事へのトラックバック一覧です: また「捩れ」か…:

« ありそうで、なかったもの | トップページ | ひょろぴり »