« 12月4日、東北新幹線全線開業 | トップページ | 噺納め »

2010年12月 7日 (火)

煎じ薬と口直し・火の番小屋風

煎じ薬と口直し・火の番小屋風
材料(5人分):酒 1升以上、猪肉 100匁(約375グラム。なければ豚肉で)、長葱 5本、味噌(お好みのもの)適量。

用意するもの:土瓶 1〜2個、湯呑み 5個、鉄鍋 1個、箸 1膳。


作り方:

1.冬の寒さの厳しい晩に、夜回りをします。材料はすべて、ひそかに支度して、重いけれども持って歩きます。寒い中ただ歩くのもつまらないので、火の用心の掛け声にかこつけて、好きな芸事の稽古をしたり、若かった頃の思い出にひたったりすれば、仕上がりがより美味しくなります。ただし、深入りすると時間がかかるので、急ぐ時は程々にしておきましょう。

2.番小屋へ帰ってきたら、まずは火に当たってお茶を飲みます。お茶で土瓶を予め温めておくわけです。

3.おもむろに持参の酒を取出し、月番にどやされます。月番は予め温めておいた土瓶に、酒を移して火にかけるよう指示し「これは酒じゃなくて煎じ薬だ」と、ご機嫌で皆に言い聞かせます。

4.ここぞとばかりに、猪の肉を取り出します。葱は予め一口の長さに切り、適量の味噌とともに、肉と一緒に包んでおきます。

5.「口直し」を煮る鍋は、重いけれども背中に背負って、町内一回りしてきましょう。

6.「煎じ薬」が温まったら、各自の湯呑みに注いで呑みつつ「口直し」が煮えるのを待ちます。

7.箸が一膳きりないので、交替でしか「口直し」を食べられません。不衛生だと思ったら、鍋がたぎっていますから、箸の先をしばらく汁に漬けておきましょう。

8.栄養のバランスを考えて、肉と葱を程よく合わせていただきます。肉ばかり選ったり、「肉は嫌いだ」と云って葱だけ食べるふりをして、葱の間に肉をたんまり挟んでごまかそうったって、そうは行きません。

9.熱燗の「煎じ薬」の勢いで、唄(どどいつ)など唄ったりすると、せっかくの「煎じ薬」と「口直し」を、要領のいい役人にピンハネされますから、気を付けましょう。特に「口直し」は、下手に隠すと、大事なところがたいへんなことになりかねません。
そうなったら、吝嗇屋吝嗇兵衛さんの味噌問屋に奉公しましょう。冷たい酢ダコの上に座れますから……。それで治るかどうか、保証はできませんが。

|

« 12月4日、東北新幹線全線開業 | トップページ | 噺納め »

コメント

傑作ですね(・∀・)

投稿: すゞめ | 2010年12月 8日 (水) 03時20分

すゞめ姐さん、コメントありがとうございます。
こんなことばかりしていて、なかなか噺の稽古に入れません(苦笑)。夜中じゅうリピートで志ん朝師の噺を流して「睡眠学習」はしておりますが・・・。

投稿: 卓 | 2010年12月 9日 (木) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/50238717

この記事へのトラックバック一覧です: 煎じ薬と口直し・火の番小屋風:

» 銀だら味噌漬専門店-銀だら味噌漬・磯田 [銀だら味噌漬 磯田]
芸能人がお得意様、日本で唯一の銀だら味噌漬専門店 最高級の素材が織りなす贅沢な味わいをご賞味下さい。銀だら味噌漬 磯田 [続きを読む]

受信: 2010年12月 7日 (火) 21時25分

« 12月4日、東北新幹線全線開業 | トップページ | 噺納め »