« 先日のAOZ寄席で | トップページ | 霊山町・掛田駅 »

2011年2月23日 (水)

芋けんぴ

芋けんぴ
実は、大好物!
食べはじめると、無くなるまで止まらない!

子供の頃から馴染みのお菓子だけど、その頃は「芋かりんとう」と云ってた。
平成になってから、土佐方言の「芋けんぴ」が知られるようになって、今やそちらが全国区。

サツマイモ、嫌いじゃない。
今でも思い出す味がある。十代の中頃、両親の友人達の集まりで、神奈川の座間へ甘藷掘りに出かけた。普通ならそこで掘った甘藷を持ち帰るだけだけど、その時は農場主が小屋がけをして、掘りたての甘藷をその場で素揚げにして、軽く塩を振って食べさせてくれたのである。

表はカリカリ、中はホクホク、藷の甘さと塩が奏でる絶妙の塩梅……。しかも畑、野外で食す趣と云ったら!

それから数年後。座間至近の海老名・厚木をベースに5年を暮らし、今では親友が原当麻にいるので、年二回ほど訪れるけれど。

「座間」と見聞きすると、どうしても、あの「甘藷の素揚げ」の味を思い出すのであります。

|

« 先日のAOZ寄席で | トップページ | 霊山町・掛田駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/50952911

この記事へのトラックバック一覧です: 芋けんぴ:

« 先日のAOZ寄席で | トップページ | 霊山町・掛田駅 »