« 福島サティ、最終勤務無事終了 | トップページ | 漫画と落語・2 »

2011年3月 3日 (木)

漫画と落語・1

漫画と落語・1
今、仕事で「学校新聞」が佳境。卒業シーズンということもあり、卒業生の「将来の夢」が、よく記事に取り上げられる。

偶々ワタクシの担当した新聞には、そのネタはなかったけど……。隣の席の姐さんの、とある小学校の仕事を覗くともなく目に入る……。
曰く「特になし」「サラリーマン」という回答がズラズラッ……。おいおい、オマエ、それはないだろ……。

ただ、たいへん多感な頃だ。自分の思いをストレートに出すのは恥ずかしい。それはわからなくもない……。

ワタクシにも、そういう原稿を書けというのが、その年ごろに回ってきたことがある。それがいつなのか、記憶が定かではないので、当時の自分の本心がナヘンにあったか決められないが、そこでワタクシ、こう書いた。

「歯医者になりたい」と。

これは一種の「格好付け」だった。本心を書いてしまうと「な〜んだ、アイツ、コドモっぽいじゃん」と思われそうでイヤだった。そこで「別に無し」にしようとしたら、オフクロに烈火のごとく叱られた。「何でもいいから、具体的なものを書きなさい!!!」と……。
泣きながら書いたのが「歯医者」である。コドモの頃、虫歯だらけだった。毎日のような歯医者通い……、楽しいわけがない。むずがるワタクシに、優しく、時には容赦なく、付き合ってくださったのが、散々通った「N先生」。その姿に、尊敬の念を抱いていて、N先生のようになりたいなぁ、というのは心のどこかに芽生えていたのだろう。
……続く!

|

« 福島サティ、最終勤務無事終了 | トップページ | 漫画と落語・2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/51023723

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画と落語・1:

« 福島サティ、最終勤務無事終了 | トップページ | 漫画と落語・2 »