« 徳川将軍家十五代のカルテ | トップページ | 黒やかなる、長やかなる、艶…… »

2011年6月23日 (木)

あたりばち

あたりばち
「バチあたり」では、ありません……。
要するに「すり鉢」。江戸では「する=失う」につながることから、縁起を担いで「あたる」と云い、あたる鉢だから「あたり鉢」、スリコギは「あたり棒」と申します。

一人暮らしを始めた時に、生家からガメてきて、愛用していた、あたり鉢。ワタクシが物心ついたときにはうちにあったから、四十ウン年もの、でした。それが、3月の大地震で棚から墜落、真っ二つになって、あえなく最期を迎えてしまったのです……。

そろそろ暑くなってきて、素麺や、ざるうどんに添える胡麻だれを作るのに、これがなくては始まらない……というわけで、今日、購入してきました。

この二代目・我が家のあたり鉢、底にシリコンゴムが張ってあって、あたり棒をグルグル回しても、滑らないスグレモノ。そういえば、台所の手伝いの初級は、あたり鉢押さえだったっけ……。

四十ウン年選手の“あたり棒”を相方に、活躍を期待!

|

« 徳川将軍家十五代のカルテ | トップページ | 黒やかなる、長やかなる、艶…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/52020166

この記事へのトラックバック一覧です: あたりばち:

« 徳川将軍家十五代のカルテ | トップページ | 黒やかなる、長やかなる、艶…… »