« 25日は、AOZ | トップページ | 予定のない週末 »

2011年9月29日 (木)

間もなくシーズン終了

間もなくシーズン終了
立秋頃から、地のものが安く出回る茗荷。ワタクシの料理法は専ら冷奴の薬味、否、刻み茗荷の“台”に冷奴といったほうがいいか、とにかく冷たいお豆腐に合わせる。そろそろ湯豆腐や寄せ鍋、田楽が恋しいなぁと感じはじめる頃、地茗荷のシーズンも終わる。茗荷は、初秋の厳しい残暑を癒してくれる、季節の使者だ。

しかし今年は、よくわからんけど、普段より時期が後へずれたような気がする。「鍋が恋しい」気候になりつつあるのに、我が家直近のスーパーには茗荷が「今年最安値」で並んでる。

でもまぁ「地物ラストスパート」には違いない。梨も気が付けばもう晩生の二十世紀が並んでる。身知らず柿の艶やかな姿が店先に並べば、そろそろスタッドレスに履きかえなきゃなぁ、と思う。そうこうするうちハウス栽培のあさつきが出始めて、酢味噌和えの味わいに春の到来を待ち遠しく思う……。

こんなに素敵な「フクシマ」なんだけどなぁ!

今日の一品は「サワチ勝手にアレンジ・茗荷宿風」。見てくれは最悪だけど、茗荷の下には豆腐と生鰹のタタキ。周りに水菜と胡瓜の薄切りをアレンジ。
色々な疲れが出たか、今イチ元気の出なかったワタクシ。でも今日はコレが食べたくて「値引きしてない鰹」を買っちゃった。食べたいものが具体的に思い浮かぶのは、復活の証!?

|

« 25日は、AOZ | トップページ | 予定のない週末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/52865686

この記事へのトラックバック一覧です: 間もなくシーズン終了:

« 25日は、AOZ | トップページ | 予定のない週末 »