« 久しぶりの二時間超残業 | トップページ | ひょろびりの股引 »

2012年7月 8日 (日)

7月7日AOZ 寄席・怪談ナイト

根多帳

 ツイ輝「だじゃれ幽霊」
 すゞめ「お菊の皿」
 平三「牡丹灯籠〜お札剥がしの前段まで〜」

大入叶!

今回のお客さまはどういうわけか、年齢層がかなり若かった。常連のお客さまに感謝の気持ちで一杯なのはもちろんですが、新たに足を運んでくださるお客さまも、少しずつ増えてきていて、有り難い限り!

皆様、本日はお足下の悪い中、お運びいただき、心から、心から、心から(笑)、ありがとう存じます!

今日ワタクシは、袖で音響スタッフでした。
もっと早く楽屋入りすれば、平三くんの「牡丹灯籠」にも、ハメモノ入れられたのになぁ……。自らの堕情が、悔しい。

「業務」都合上、ワタクシは袖で、声だけを聞いてましたけど、いずれも熱演、上々の出来でした! お疲れさま!

さて、怪談……。ワタクシのレパートリーにはまだ無いのだけど……演りたい噺が今、ふたつある。

ひとつは「もう半分」。

もう一つは、小泉八雲原作「茶碗の中」。

前者なら、恐らくお手本に事欠くことはなさそうだ。。

だけど、後者は八雲の原作から「噺」を起こさなければならない。
しかも厄介なことに、この原作ときたら、結末が……“ない”のだ(笑)。

自分なりの結末を付ける、というやり方もあるだろうけど。
でも、できることなら、原作の流れ通り、結末があやふやなまま、お客さまを放っぽって、高座から、スッと、下がってみたい……。

しかしこりゃ、一筋縄じゃ行かないな。
単に原作を朗読・暗誦するんじゃないから脚色が必要だ。
そして「落ち(下げ)」を、どう持っていくか……。まさか「本が破れてわからない」とは、やれないし(笑)。

「オチのない“落語”」という大いなるパラドックスに、無謀と知りつつ、挑んでみようか……と、そんな、世にも奇妙な刺激をいただいた、今回のAOZ寄席でありました。

|

« 久しぶりの二時間超残業 | トップページ | ひょろびりの股引 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/55144829

この記事へのトラックバック一覧です: 7月7日AOZ 寄席・怪談ナイト:

« 久しぶりの二時間超残業 | トップページ | ひょろびりの股引 »