« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月26日 (金)

相馬野馬追

わが福島県が誇る、夏の風物詩である。

かつては“日付”で開催日が決まるという、青森ねぶたのような行事だった。
ただ、ねぶたみたいに一週間ぶっ続けという、アホ……オットもとい、おおらかな日程ではない。高々二日間である。
たまたま週末に絡めば良いが、平日になってしまうと、観に来るお客さんはもちろん、下手をすれば“主役”の騎馬武者が集まらない……。

そこで、この震災直前に、いわゆる“ハッピーマンデー”のごとき開催日程に変えた、のでは、なかったかしらん。

残念ながらまだ観に行けてないのだけど……。
今年も、盛り上がりますように。

以下はごく、個人的なこと。

“相馬”と見聞きすると何時も、小学生の頃の同級生を思い出す。

奥州中村藩と関わりがあったのかどうだか……。今さら確かめようもないが“相馬”姓の持ち主である。

“相馬クン”
ではない。
“相馬さん”
だった。つまり、女子である。

スラッと背が高くて、面長で、優しい眼をしていて……おまけに髪をポニーテールに結んでいて、それが、とてもよく似合っていた。
ワタクシは彼女が、実はとても好きだったらしい。こうやって面影を思い出すだけで、今でもワクワクしちゃうし……こっちからさんざん構った揚げ句に冷たくあしらわれて、落ち込んだことまで蘇ってくる。

中学に上がってからは……、一緒のクラスにならなかったせいか、彼女の思い出は何もない。

どういうわけか、中学時代の「好きだった女の子」だけは、憶えがない。
その前後なら“あの娘とあの娘とあの娘と、あの娘と……”と、いくらかは出てくるんだが……。

かの“相馬さん”。
中学を卒業したとき「ご近所」になる。

当時新築された新しい団地。引越先で、我が家のすぐ向かいの棟に、彼女一家も越してきた、という話を、母に聞いた。そんな近くに暮らしていながら、ついぞ、現在に至るまで、かの“相馬さん”と出くわす機会は、ないままである。


情けないことに、ワタクシには、相馬さんのファーストネームの記憶がない。

福島に来る直前、相当惚れた女の子がいる。
スラッとノッポで、面長で、眼が優しくて、ポニーテールがよく似合う……。
不思議と、彼女のファーストネームも覚えてない……。
次回のトーキョーオリムピック実行委員長である、元総理の爺様と同じ苗字で、しかも能登生まれと云ってたから、どこかでつながってるかもしれない。

ちょうど11年前のこと、恥を忍んで告白すると……

当時の職場、解散の飲み会at池袋。ワタクシは既に福島に住民登録を移していた。

Mさんも、席にいた。

会が開いて……
ワタクシは、引越の支度で清瀬即ち西武線へ、Mさんは川口に住んでいたから埼京線へ。

もう恐らく、会う機会はないだろう。

池袋駅、地下通路。
「一言だけ云わせて」
「何ですか?」
「……ずっと……、ずっと、好きだったんだ!! じゃあね!!」


あの頃一緒に仕事してたみんな、元気に、幸せにしてるかな!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

先日の土曜日

ずいぶんと久しぶりに、小道さんと同席した。

云うことにゃ
「オレ、禁煙したんだ!! もう二週間。トンボさんは、あれから続いてる?」
「ウン!! 禁煙なんてカンタンだもんね。ここ半年で何度もやったさ。
……で、今回は三日目」
「ワハハハ!!」

実はここのところ、ほとんど元の木阿弥になってたのである。
「“禁煙”じゃなくて“卒煙”にしよう」なんて、わけの判らない言い訳はヤッパリダメで、ついつい古巣へ帰りたくなる。

ただ、以前と変わったのは、朝、目覚めてから日が暮れて帰宅する(呑みに行く)までの間には、タバコを欲しいなんて、これっぽっちも思わなくなった、ということだ。「朝の一服」習慣は、ひとまず無くなった。

しかし……
夜は、いけない。

お酒を呑むと、更にいけない。

呑みながら、誰かと話をするのは、もっといけない。

黙ってブログなんか書くのは、更にもっと、もっといけない(笑)。

う〜ん、ウ〜ン、……ウンウンウニウム!! 昨秋以来の、何度目かの禁煙再スタートから、約一週間。とりあえず、ここが山だ。

ウチの目の前のセブンイレブンまでの四階分の登り降りが覚束なくなるくらい、呑んじゃえ呑んじゃえ〜〜(……どっちのが身体に悪いやら!?)

後は、ね。
旅は道連れ、ですよ。

誰とは云いませんが、僅かな間に、ワタクシは道連れ(のつもりでいた)二人の“禁煙同志”に裏切られ、オマケにその当人さんたちから“貰いタバコ”をしてしまうという、情けないことをした。

昨年秋、小道さんや満丸兄さんにもオネダリしてしまった記憶が……

禁煙宣言したくせに、貰いタバコなんかするってのが、情けないし、セコい。だったら黙って“節煙”して、欲しくなりそうな場面は判るんだから、その時だけ支度すればいい。

なんて、屁理屈云ってるから、いつまで経っても未練タラタラ、スッパリと踏ん切りが付かないのだ。

手元にあれば、とにかく吸いたくなる。
新品は云うに及ばず、少しでも残った吸いさしがありはしないかと、灰皿、屑入れを、手指は灰神楽、顔は血眼になって探し漁る……。
様子のいいものじゃない。


先週の水曜夜。火を点せる“タバコ”が、とうとう品切れになった。
あとは、毎日「買わずに帰って」くればいい……だけ、なんだけど。

一人旅は、辛いです。
こっちも何とかガンバリますから……

せめて今秋の「池田」までの間だけでもいいから“禁煙”の盟友だか、ライバルだかを、続けましょ、小道さん!!(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »