« 福島・社会人落語三人会於・もめん亭 | トップページ | 久々に »

2015年9月25日 (金)

手遅れ医者

何かってえと、来る患者来る患者に「う〜ん、手遅れだ」と云う医者がいまして。

もし患者がお陀仏になっても「手遅れ」では仕様がありません。身内も納得いたします。

たまに、ヒョイと治ってしまう患者もありますが……こういうときはよくしたもので「手遅れの病って云われたけど、あのセンセイが治してくれた!!」ってんで、却って評判が高くなったりしまして。

「センセイ、センセイ!!」
「ど〜れ……何ですかな」
「急患を診てもらいてぇんで!!」
「はいはい……、あぁ、これは手遅れですな」
「何云ってんですか!! こいつ、つい今しがた、木から落っこちたのを、急いで運んで来たんですぜ!! 手遅れのはず、ありませんよ」
「う〜む、だから、いかん。木から落ちる前ならよかった」


川島なお美さんの訃報に、驚いた。
激痩せしてはいたものの、気丈に振る舞っていたのは、ついこの間、今月に入ってからだったから。

ただ、ご本人にしてみれば、周りが心配するほどは、辛い思いはしていなかったのでは……と、ワタクシは勝手に思う。

もう我慢しなくていい。大好きなワインを浴びてほしいなぁ……。


しかし、今年は、なお美さんのように、最期まで病と向き合いながら、気丈に生き抜いた人の訃報に接することが多いように思う。
今井雅之さん、今いくよ師匠、そして、我らが福島の笑遊師匠……。


ワタクシも、もう、数えなら「50」。
とっくのとおに、折り返しなんざ廻っているだろう。

おかげさまで、今のところ、健康診断で妙な結果は何も出てないけど……。「血液の半分位は日本酒」という普段の生活からして、いつ、突然“余命宣告”されても、不思議はない。

一日一日を、もっと大切に暮らさないと、ね。

|

« 福島・社会人落語三人会於・もめん亭 | トップページ | 久々に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112211/62353011

この記事へのトラックバック一覧です: 手遅れ医者:

« 福島・社会人落語三人会於・もめん亭 | トップページ | 久々に »